もしも僕が死んだら 笑って忘れてくれよ

つばきのボーカルである、一色徳保が、2017年5月9日に、この世を去った。脳腫瘍であった。この事実を知ったのは、ふと眺めていたテレ朝の、ミュージックステーションに出演していたSuperflyのサポートベースが、つばきの小川さんだった事から、Googleで、最近の彼らの様子を拝見しようと調べていた時のことである。

 

そもそもつばきとは何であるか、そういった初歩的な問いから解いていく必要にあるが、こちらを参照下さい。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/つばき_(ロックバンド)

 

2000年から活動している下北系ロックバンド(と当初は括られる傾向にあった)。内省的な歌詞と、シンプルな楽曲構成、類い稀なる楽曲ライティングで、当時のバンドシーンの勢いを牽引していた(のかな)、3ピースバンド。皆さん大好きなロッキンにも出演したこともあります。

 

作詞作曲は、一色さんが主に担っています。非常にポップで、感情を揺さぶられるカタルシスな楽曲が多い上に、心の内側をビシバシえぐるようなネガティブな歌詞、だけれどもそこからポジティブに変換していく作風が、彼の持ち味だと僕は思っています。

 

つばきと出会ったのは、大学生の頃。ロックってなんだらほい、とりあえず、有名なバンドを聴く気にもなれないし、手当たり次第聴いていこう、その内の1組がつばきです。キッカケが何だったのか、全く覚えていませんが、当時、僕は体調不良が慢性化して、死んだような毎日を過ごしていました(この不良は今なお続く)。鬱々とした退屈な毎日、明るい言葉で励ましてくれることの鬱陶しささえも感じてしまう、心が乱れた青春を送っていた僕が、一番に心の拠り所としていたものは、音楽でした。その中で、つばきは当時の僕にはうってつけの存在であったと思います。

 

 

「僕みたいな奴はきっと こんな所にいるべきじゃないとか
そんな事を思うよ
誰の言い分もいつだって 正論に聞こえるし
何が正しいのか なんて分からないから

笑って流せる そんな奴になりたいな
心の隙間に 誰かの言葉が剌さる

もう誰の言う事も もう過去の自分にも
惑わされずに この世界を行けたならば…」

つばき - ココロ

 

出だしがもうネガティブな言葉で、その言葉に誘発されるように、ああ、僕はこの場所にいるからこんなに苦しいんだなーと、周囲に溶け込まない自分に対する言い訳を作り出せてしまう当時の僕がいました(体調不良を理由に、あと単純に、気の合う人間がいませんでした)。ただ、それを思い起こすことで生まれるカタルシスに、酔うことも出来たのです。それは、結果的には癒しとなりました。つばきは、そういうバンドです。

 

このココロという楽曲、締めのサビでは、どの道を選んでも冷たい風が吹くのなら、もう迷わずに前へ進もうという、諦めにも似た一つの生きていく術と、心の方向転換の方法を教示してくれていたりします(あくまで僕が思うに、ですが)。花火というシングルのカップリング曲なのですが、果てしなく絶望を感じた後に救いの手を差し伸べるられるでもなく、それでも生きていくという孤独の強さと、当時の不安定な自我とのマッチングがなされ、僕にインパクトを与えました。今聴いても、その当時の想いを彷彿させてくれます。

 

歳を重ねていくと、昔聴いていた音楽から遠ざかる傾向にありますが、それはきっと、その当時の自己と、今現在の自己との意識には明確な差異があるからだろうと、感じざるを得ないのです。自己は、今見える世界を通して自分を見ています。鏡に映った自分は、本当の自分ではなく、あくまで虚像。鏡という道具を持って初めて自分の姿を映し出せるが、それは、自分の目を通してみた自分の仮の姿。自分の目では自分を見ることは出来ない。いくつかの物質に対して、その時々の自己が、共鳴する物事に注意を向けることで、モノと自己との距離を縮めていく。簡単にいえば、ネガティブな僕が出会ったつばきというバンドは、その当時の僕と共鳴していて、だからこそ深い繋がりが出来たと言える。聴かなくなった今は、当時の僕が、もうここにはいないからだ。

 

今日、ふとしたきっかけで知ることになった訃報。彼らの楽曲を聴かなくなってから、7年ほど。つばきは、僕のことを知りません。しかし、僕はつばきのことを知っています。あの頃の苦しい思い出と共に、あの時間軸に記憶を眠らせています。一色さん。僕はあなたのおかげで、あの頃の僕を生きることが出来ました。それはもう、酷く退屈で、誰からも賞賛されないような暗い日々でしたが、僕の思い出を、一緒に作り上げて、僕の人格に少なからず影響を与えて下さいました。音楽活動の意味とは、活動している最中に見出されるものではないのかもしれません。きっと、売れたい想いもあったのかもしれませんが、僕は、あなたがこの世から去ったとしても、または、奇跡が起きて今もなおこの世におられ、つばきとして音を鳴らしていたとしても、僕にとって、あなたがこの世にいたこと、あなたがこの世に残してくれた音楽それぞれには、大変な意味があります。それは、僕以外のリスナーや、音楽関係者、身内の方々全員にも言えることです。あなたがこの世に生まれてきてくれたことが、僕を、あの瞬間を生かしてくれた。

 

弔辞と言うには、あまりに勿体無く感じますが、この声があなたに届きますよう。お悔やみ申し上げます。全てをありがとう。

 

つばき - 花火

https://youtu.be/MHL8ymQ5Kdk

水零し

そうか また会ったな

左腕に菱形の模様

今宵 お囃子を見るの

右手にミサンガ 巾着袋

 

始まりはいつだっけな

頬をつねる事 幾度となく

蒼さにやられていたよ

何もかもが透き通った

 

肝心のお名前は

笑う門に 福は来るのか

お前さん もう少しの余韻を

 

川の砂 指先の感覚 ほろ苦いコーヒー

汗を流すことは もうなくとも

中心軸から溢れそうに

何かが湧き上がってくる

 

歪さ ただあなたに触れたい

さかなクン 、旅に出る

こんばんは、encoreです。最近、encoreと名乗らなくなった程、SNSやネットから距離を置いております。置いているというより、そうなってしまっている現状でありまして、そこまで大層な理由はないんですが、まあ、掻い摘んで言えば、単純に、そうですね、わっかんねえです。

 

仕事がくそ忙しいというのもあります。働き尽くして、休みの日も仕事という場面に出くわします、よく、月3で。疲れたよ、何かにつけて、疲れたって言葉を使っとります。本当は、ネガティヴな言葉は、言霊という観点から使わない方が、自分にとっても、それを受ける側にとっても、悪い影響は与えないのかもしれませんが、心の奥底からその純粋な想いを、そのまま純度を保ったままただ吐き出すのであれば、疲れたという言葉が、一番に自分自身の今の状態にマッチするだろうと、そう言わざるを得ないのではないかと、そうよく思うのであります大臣引っ越しのサカイ。

 

最近の出来事なんて、たかが知れていますが、とりあえず、マイブームとなっておる事柄が2つありまして、いや、3つくらいか、お教え致しましょう。

 

まず、水。水を飲んでいます。ジュースじゃあありません。水です。健康に気を遣っているのに、健康にならないわてくしですが、1年振りに水ブームの復活です。水を飲むことのメリットは、単純に、ジュースに含まれている糖分や塩分を、カットできるということや、新陳代謝を施すこと、身体の渇水状態を、防ぐ効果があります。僕は、糖分や塩分は、お菓子や食事で摂れれば良いと考え、それ以上を飲み物で摂取することに意味を感じないので、今はほぼほぼ水しか飲まない生活を送っています。体調が良くなったかどうかは、イマイチわかりませんが、変わったことは、オレンジジュースを飲んだ次の日の朝と、水を飲んだ次の日の朝の身体の具合が違うということです。なんと言いますか、一言で言えば、軽い。オレンジジュースが胃にへばりつくと言ってしまうと、ちょっと語弊を招くかもしれませんが、イメージです、纏わり付いているというイメージ。水は、そうじゃない。すっと身体を満たしているようなイメージ。自分自身で変わったと確信出来るのは、他者からの指摘よりも後だと、どこかで聞いたことがあるので、まだまだなんでしょうが、身体の内部では、きっと、オレンジジュースまだかなあ、水ばっかじゃつまんねえよ状態に陥っているかもしれません。それはそれで、身体の内部では、変化です。実のところを知りませんが。水はいいよ、身体に良いことしている気になる。

 

2つ目。歪み治し。矯正ですね。右半身が歪んでいるので、そのおかげで僕の体調不良が起こっているのだろうと、そう思い続けていく数年。今になって、本腰入れて治そうと努力しています。具体的にどう歪んでいるかと言いますと、まあ、歪んでいるんです、右半身が。右脚が外側に開いたり、右側の肩が左肩よりも上がっている、猫背、などなど。なんか書くの面倒になってきた。とりあえず頑張っていますよ、色々。

 

3つ目は、ゲーム。野球ゲーム。ベースボールゲーム。

 

さて、タイトルの「さかなクン、旅に出る」、意味がわからないと仰る方、日本人の9割くらいでしょうが、僕も意味がわかりません。それでもいいって、許せる世の中、僕は愛そうと思うよ、うん。

 

主に水の話でしたね。このブログをきっかけに、東京湾をきれいきれいにするぞ協会四国支部に入会してくれたら、僕の人生の約9割の目的を達成したことになるので、入会よろしくね、入会金、一人頭89万5円。

 

なーんの価値もない。それでもいいと許せる世の中を、僕は愛そうと思うよ。コメントよろしくベイベ!!!!

 

では、何の予定もないencoreでした。

したらば!!!!

 

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

ということで、今年も始まります、黄金の週。僕にとってのゴールデンレトリーバーウィーク2017は、休みたいけれど、仕事が入って休めないウィークになっていますね、毎年。世間は9連休ですか。僕の場合は、多くても3連休になりそうです。

 

ゴールデンアイ007ウィークだからといって、浮かれ過ぎるのもよくないですね。休み明けは、ひどく仕事が気だるく感じて、休みなのだけど、休みじゃない感覚で休みに入る方も多い気がします結果として。僕は、昨晩、羽目を外しすぎて、カラオケの個室のトイレで、寝ては吐きの繰り返し。1日経った今も気持ちが悪い。そんな状態で、このブログを書いているわけですが、最早、お題のラブラドールレトリーバーウィーク2017とは関係が無くなってきましたね。それでいいのです。興味ありませんから、シルバニアファミリーウィーク2017。

 

とにかく気持ちが悪いわけです。そういえば、このはてなブログを開設したのが、数年前。初稿と言うことで、何の気合も入っていませんが、僕は元々、JUGEMというブログでブログを書いておりました。ただ、知名度があまり高くないので、アプリそれ自体の更新もあまりなく、このまま予告もなくアプリ自体が消えて無くなるのではないか、という漠然とした不安が無きにしも非ずであったので、数年前にはてなブログに引っ越そうと、そう決意して、幾年経ちましたが、このよくわからないタイミングでの初稿です。

 

まあ、書くタイミングというかキッカケが無きにしも非ずなのですが、今日、気持ち悪くなりながらカレーを食べつつ観ていた番組があって、それが、NHKの人生デザインU29という番組です。U29の働く若者の姿を追う企画なのですが、そこで、福岡の天狼院書店の店長さんの人生デザインを放映していました。この店長さん、川代さんという方で、天狼院書店が開設しているHPに、ブログを綴っていまして、それが結構人気なのだとか。

 

番組を観ながら、HPを覗き、川代ノートを拝見させて頂きましたが、川代さんの胸にある想いを赤裸々に綴っておられました。小説を出したらどうと経営者に勧められて、しかしながら小説を出せずに3年経ちましたがといった具合のタイトルで、才能を認められていることに胡座をかいて、何もしなかった自分や、ブログの書籍化を後輩に取られてしまったことへの悔しさ、嫉妬、そして、才能があると思い込んでいた自分への新たな気づき、そういった人間臭い感情を剥き出しにして書いておられますこの記事。読んでいて正直に思ったのは、人間だなーという単純な思考。人間臭いなーと。

 

僕は、今、27で、彼女とは生まれてから3年の隔たりがありますが、何といいますか、こう言ったら失礼な気もしますが、人間特有の面倒くさい感情に支配されてしまった時の自分を思い出して、憂鬱になりましたね。僕は、この川代さんに才能があるかどうかはわかりません。しかしながら、記事を読んでいて、ため息がつくような心地になるのは、久々でしたね。いい意味でも悪い意味でも。悪い意味というのは、決して、彼女を批判しているわけではなくて、自分が受けたその憂鬱なダメージを昇華しきれない弱い自分がいるからなんですが、きっと彼女も、記事を書いていて良い心地にはならなかったでしょう。気持ち的にはすっきりするかもわかりませんが、恐らく、彼女の想いが投影された文章というのは、読み手にダイレクトに伝わって、そこに共感という共通認識が生まれる。それが気持ちいいんだろうな、結果的に。

 

彼女がその記事で得たものは、「才能など自分にはなかったということを認めることができた」ということ。そして、そこからがスタートだという気づき。才能があるって思い込んでもいいけど、そこに寄りかかり過ぎると、自分では立ち直れなくなりそうな、そんな脆さも垣間見える。川代さんって真面目な方だなぁ。僕は適当だからな。

 

そういうわけで、なんかブログ書いてみっかという適当振りでスタートしましたこのブログ。気持ち悪いね、どうにかならんかな。

 

そういう感じで終わります。続くかどうかはわからん。個人で小説書いています。ではまたの。